冬に必要な栄養素と手軽に食べられる食材3選!京都の整体院「きずな整体院」

お問い合わせはこちら

ブログ

冬に体調を整えてくれる食材とは!京都の整体院「きずな整体院」

2019/12/12

こんにちは!京都の整体院「きずな整体院」スタッフの松原です☺

 

ついにインフルエンザが大流行です!近所の小中学校は学級閉鎖をしているところがあると聞いています😨

しっかり、手洗いうがい忘れずにしてくださいね❕❕やはり、これが一番予防になります!

とは言っても、自分のことは意識できても家族のことまで管理しきれないですよね。

ということで今回は、栄養士である松原が「冬に体調を整える食べもの」を紹介します✨

免疫力を高める食べもの

ではまず、風邪予防に欠かせない”免疫”を高めてくれる食べものを紹介します。

●ビタミンC

じゃがいも、れんこん、ブロッコリーなどに含まれるビタミンCは白血球の働きを強くして、免疫力を高めてくれるといわれています。

松原のおススメはじゃがいもです!

ビタミンCは熱や水分に弱く壊れてしまいやすいのですが、じゃがいもの場合はビタミンCをデンプンでおおっているのでビタミンCが壊れにくいのです^^

 

 

 

●ビタミンE

ビタミンEが不足すると血行が悪くなり、頭痛や冷え・肩こりなどが起きやすくなります。また、ビタミンEには強い抗酸化性作用があり、老化防止にもなります✨

ブロッコリーやパプリカなどの緑黄色野菜に多く含まれていますが、松原のおススメはナッツ類です!

特にアーモンドに含まれるビタミンEは体に吸収されやすいので、我が家では色んな種類のナッツを砕いてサラダにかけるなど頻繫に食卓に並びますwink

体を温める食材

食材には体を温める食材と冷やす食材があるのをご存じですか?

”冷えは万病のもと”ということ聞きますよね。あなたの食事は体を冷やしていませんか?

●温める食材

(冬が旬、寒冷地で育つ、地中で育つ、暖色系、水分が少ない、発酵食品)

じゃがいも、にんじん、かぼちゃ、ごぼう、かぶ
りんご、さくらんぼ、ぶどう
黒砂糖、納豆、キムチ など

●冷やす食材

(夏が旬、南国育ち、地上で育つ、寒色系、水分油分が多い)

きゅうり、スイカ、トマト、バナナ
牛乳、冷奴
砂糖
パン、植物油、バター など

毎日きちんと栄養価の高い食事をとることが、健康的に過ごすためのポイントですblush

今回紹介した、体を温めたり免疫力を高めたりする食材を積極的に食生活に取り入れて、おいしく健康的に冬の寒さを乗り越えましょう👍

それでもダメならすぐにお電話くださいね☏

 

京都の整体院「きずな整体院」 松原

お問い合わせはこちら